雪印乳業

子供の頃からずうっと親しんできた雪印の牛乳たちです。


雪印牛乳 雪印牛乳 雪印牛乳 雪印牛乳 雪印牛乳
私が持っている一番古い雪印のフタ。昭和40年頃のものと思われます。 曜日が消えて製造日の表示になりました。 まだ札幌市は区になっていない頃のもの。住所に番地が入っています。 昭和47年、札幌市は政令指定都市に。小学校の給食で飲んでいた牛乳です。 小樽の北海道保証牛乳でも製造されていたようです。

雪印牛乳 雪印牛乳 雪印ホモジナイズ牛乳 雪印北海道牛乳 雪印厳選牛乳
旭川工場の雪印牛乳です。 「旭川工場」の名前が入ったバージョン。 表示は「雪印牛乳」と同じようです。 この頃の牛乳は、乳脂肪分が「3.4%以上」でした。 飲んだことはありません。倉島乳業仁木工場製造。

雪印びん3.7牛乳 雪印びん3.7牛乳 雪印びん3.7牛乳 雪印ミネラル牛乳 雪印ミネラル牛乳
倉島乳業仁木工場で製造されるようになりました。 殺菌表示が「130℃2秒間」になりました。 雪印最後のびん3.7牛乳です。雪印のマークが入っています。 ミネラル牛乳は昭和46〜48年に発売されました。 住所が「札幌市東区」になってからのもの。

雪印ミネラル牛乳 雪印ファミリア牛乳 雪印ファミリア牛乳 雪印スーパー牛乳 雪印カルパワー
流氷の街オホーツクの紋別工場のものです。 ミネラル牛乳が廃止になって、昭和48年に発売されました。 釧路工場のものです。 おばあちゃんの家でとってました。 雪印カルパワーが登場した頃のものでは?

雪印カルパワー 雪印カルパワー 雪印カルパワーMBP 雪印カルパワーMBP 雪印ラクトコーヒー
原材料名の表示がずいぶん変わりました。 MBPがつく前のカルパワーです。 骨を元気にするMBPが入りました。 雪印としての最後のカルパワーMBP。雪印のブランドが消えました。 40年くらい前のものでしょうか。

雪印ラクトコーヒー 雪印ラクトコーヒー 雪印ラクトコーヒー 雪印びんコーヒー 雪印びんコーヒー
雪印コーヒーとは長いつきあいです。 よーく見ると住所と工場名の間に「・」が入ってます。 室蘭工場のものです。 品質保持期限の表示がありません。製造日? ブランドは雪印ですが、製造は倉島乳業です。

雪印びんコーヒー 雪印ラクトフルーツ 雪印ラクトフルーツ 雪印ラクトフルーツ 雪印ラクトフルーツ
雪印最後のびんコーヒーです。(T_T)×2 昭和45〜49年頃に発売されていたようです。 八軒の札幌第二工場で製造されたもの。現在のJR琴似駅近くにあったようです。 釧路工場のラクトフルーツです。 雪印マークがなくなっています。

雪印びんフルーツ 雪印びんフルーツ 雪印びんフルーツ 雪印ラクトいちご 雪印リンゴ
右のものと表示が少し違います。 色は中身と合っていますが、黄緑のフタが懐かしいです。 雪印最後のびんフルーツです。(T_T) いちごらしい色合いです。昭和47年発売。 昭和42年に東北地域で発売開始。札幌工場での製造時期は不明。

雪印リンゴ 雪印オレンジ 雪印オレンジ 雪印オレンジ 雪印カツゲン
JASマークが入ってます。これは昭和50年3月29日製造です。 ただのオレンジジュースだと思っていましたが、乳酸菌飲料だったんですね。 昭和47年以降のものだと思います。「乳固形分0.1%」の表示が入りました。 釧路工場のものです。 小さなビン入りでした。北海道で愛されて半世紀が経ちました。

雪印カツゲン 雪印ヨーグルト 雪印ヨーグルト 雪印特選ヨーグルトMBP
「乳固形分3%」の表示が入ってます。 ビンの口にはピンクのビニールがかかってました。昭和44年発売開始です。 雪印ヨーグルトは全国的にバラのイラストが描かれていたようです。 夕張のユーパロの湯で売ってました。東京の多摩雪印牛乳で作ってます。

●北海道外のキャップ                 
雪印牛乳 雪印3.5牛乳 雪印牛乳 雪印ミネラル牛乳 雪印つよい子牛乳
京都工場のものです。 大阪工場のものです。 福岡工場のものです。 熊谷工場のものです。 京都工場のものです。

雪印特濃4.2牛乳 雪印オレンジ 雪印ヨーグルト 雪印フルーツヨーグルト
大阪工場のものです。 千葉工場のものです。 名古屋工場のものです。 日野工場のものです。

(1/12) 次へ 

 トップページへ  牛乳キャップへ